ハートフルな宿

ホテル洲の崎 風の抄のハートフル情報

ホテルスタッフとしての介助経験が豊富。幅広い層のリピーターの中には、ご高齢なお客様や、車いすを使用するお客様も多い。
地下1階には、有料の貸切風呂スペース(岩盤浴やエステルーム併設)があり、プライベートな時間が過ごせると人気。

館内の段差・傾斜 玄関のあがりかまちを上がると、客室への導線上に段差なし。食事処の一部の個室や、客室内の一部に段差あり。
車 い す 玄関にて館内用の貸出し車いすに乗り換えるか、ご利用の車いすのタイヤを拭き、タイヤカバーを付けて、館内及び客室内での使用可。客室の浴室内、及び大浴場の浴室内は使用不可。
ト イ レ 1階に広めのトイレ(男女 各1)あり。館内はオストメイト対応トイレなし。
貸出備品

車いす(館内用・敷地内の屋外用 各1台)、車いすタイヤカバー、館内用の手押し車、杖、シャワーチェアあり。数に限りがあるため、事前に早めのご予約がお勧めです。

お 食 事

お部屋食、または食事処(個室)での提供のどちらか。前日までに食事場所の希望を伝えてください。食事処の個室は、先着順でのご案内となります。数に限りがありますので、早めのご連絡をお勧めいたします。
通常の献立を召し上がりやすい形状に変える加工(刻み食・ミキサー食・柔らかくなるまで調理する等)、アレルギー食は可能な範囲で対応を検討します。そのため必ず事前にご相談ください。

アクセス

ホテル洲の崎 風の抄 に到着

県道から門をくぐって駐車場へ。ホテルの入口は駐車場の奥。ホテル入り口の近くに、1台分の優先駐車スペースがあります。この場所以外にも、宿へ事前に相談すると優先駐車スペースを確保してくれます。

駐車場は車両20台の収容が可能。路面の一部に傾斜がついており、ホテル入口側が低くなっています。

駐車場は車両20台の収容が可能。路面の一部に傾斜がついており、ホテル入口に向かって低くなっています。

ホテル入口。足元は平たんな石で装飾されています。

ホテル入口。足元は平たんな石で装飾されています。

ホテル入口。横からも侵入できます。この通路の先に玄関があります。

ホテル入口。横からも侵入できます。この通路の先に玄関があります。

交通機関

電車で
最寄り駅:JR内房線 館山駅(館山駅のバリアフリー情報はこちら:JR東日本のサイトに移行します)
館山駅から風の抄までは約11㎞(車で約20分)。この区間は無料で送迎してくれます(ただし事前に送迎の予約が必要です)。送迎車両はワンボックスタイプとマイクロバス(どちらも車いすリフトなし)。車いすの積み込みや移乗のお手伝いは事前にご相談ください。
お車で
房総フラワーラインの愛称を持つ千葉県道257号線沿い。波が静かで海面が鏡のようであることから「鏡ヶ浦」とも呼ばれる館山湾越しに、空気の澄んだ日は驚くほど大きく富士山を望むことができます。

風の抄アクセス(風の抄 公式サイトに移行します)

館内設備(玄関・ロビー・エレベーター・共用トイレ)

玄関

踏込みで履物を脱ぎ、あがりかまちを上がると、客室までの導線上に大きな段差はありません。車いすはここで館内用の貸出し車いすに乗り換えるか、ご利用の車いすのタイヤを拭き、タイヤカバーを付けて館内でご使用いただけます。タイヤカバーはご持参いただくか、宿側で在庫がある限り、貸出が可能です。

ほのかに香が焚かれた玄関。出迎えたスタッフは必要時に車いす移乗のサポートをいたします。

必要時は簡易スロープをご用意します。つかまり立ち補助具(Ⓐ)や、靴を脱いだり履くときに便利な腰かけ椅子(Ⓑ)は、すぐに使える場所に用意してあります。館内歩行補助用の杖や、手押し車の貸し出しも行っています(数に限りあり)。

館内は畳が多く使用されています。玄関のあがりかまちを越えてしまうと、一部を除き、館内の主要な導線上に大きな段差はありません。
玄関からはロビーへは、3枚の引き戸が自動で開きます。

トンビが遊ぶ海見のベランダ、モダンで明るいロビーでチェックイン

ロビー前にある帳場では、補助犬マークや耳マークが、さりげなく掲げられていました。

とんびの朝ごはんの詳細はこちら
(ホテル洲の崎 風の抄ホームページへ移行します)

エレベーター

館内に1基。出入り口幅79㎝、内部奥行89cm、内部横幅113cm。

エレベータへ乗り込んだ時のイメージ。

館内共用トイレ

食事処の中に、男女それぞれ1つずつ広めのトイレがあります。食事処の中にありますが、食事の時間帯以外も使用可能。トイレの出入り口はスライド式ドア(手動)。

広めのトイレは食事処の奥にあります。通路を挟み、写真中の右側が男性用(Ⓐ)、左側が女性用(Ⓑ)です。

男性用のトイレ内の様子(温水洗浄機能付き洋式一般トイレ)。出入り口スライドドア幅74cm。出入り口から便座の先までの距離 約153cm、幅(Ⓐ)114㎝。手すり1か所あり。洗面台の高さは70㎝で、足元に空間はありません。

女性用のトレイ内の様子(温水洗浄機能付き洋式一般トイレ)。出入り口スライドドア幅91㎝。出入り口から便座の先までの距離は約70㎝。手すり1か所あり。

女性用のトイレ内の様子。洗面台の高さは70㎝で、足元に空間はありません。子供用おむつ交換台あり。

食事

・6名様迄
朝・夕のお食事は、部屋食か食事処のどちらか。希望を前日までに連絡してください(食事処の個室は先着順にご案内するため、ご希望に添えない場合があります)。

・7名様以上
基本は食事処でのご用意となります。事情によりお部屋食を希望される場合は、一度事前にご相談ください。

通常ご提供する献立を召し上がりやすい形状へ変える加工(刻み食・ミキサー食・柔らかくなるまで調理する等)、アレルギー食は可能な範囲で対応を検討しますので、必ず事前にご相談ください。

食事処「凪」(なぎ)
大小 全6室の個室が並ぶ食事処。食事処への出入り口幅75cm。※この食事処に、男女各1つづつ広めのトイレがあります。

食事処の様子。テーブル席の個室入り口(幅84cm)に段差はありません(写真ⒶⒷで示した部分)。

テーブル席の個室の様子。テーブル下65cm。個室内は床暖房。冬場も足元を冷やさずに食事ができます。呼び出し電話(Ⓐ)やエアコンのスイッチ(Ⓑ)は壁の低い位置にあり、車いす利用者も無理せず手が届きました。

ひじ掛けの形状がユニークな食卓椅子は、車いすからの移乗に使いやすい仕様だそう。

大人数のグループでもゆったり使える広い個室。座卓の足元は掘りごたつ式。仕切り壁を外し、隣のほぼ同サイズの個室とつなげ、さらに広い食事空間を作ることも可能。

大人数様用の掘りごたつ式の個室の出入り口は幅84cm。2段の段差(床から12cm高くなり、階段奥行51cm、そこから畳面まで13cm高くなります)。

客室情報

客室は2~4階。チェックインの後は、スタッフが客室までガイドしてくれるので、安心して1階から客室までの導線を確認できます。すべての客室から宿のシンボルでもある「洲崎灯台」を望めます。

※当サイトでは一部の客室情報を公開しています。掲載のない客室については風の抄公式サイトにてご確認ください(風の抄 公式サイトはこちら

共通情報

車いす 館内用の貸出し車いすにて、またはご持参の車椅子のタイヤを拭き、タイヤカバーを付けていただくことで、客室内使用可能。ただし、浴室洗い場での使用は不可。
ベッド 和布団でお休みいただくお部屋でも、簡易ベッド1台の搬入が可能(施設で1台を所有するため、利用状況により対応できない場合があります)。
シャワーチェアー 貸出可能。数に限りがありますので事前予約をお勧めいたします。

▼客室情報は以下ご覧ください。

展望風呂付き客室 鰆東風(さわらごち)

定員2~5名。バリアフリーに対応した2階の客室(206号室)。12畳の和室(広縁付き)と、これに負けないくらい広い洗面脱衣・浴室スペースがあります。

大浴場(露天風呂付)

大浴場は1階。大浴場までの通路には畳が敷かれ、わずかな段差を埋め、足元への当たりを柔らげます。2つの湯処は、夕食の時間中に男女の入替を行います。

シャワーチェア 貸出し用1台あり。数に限りがあるため事前予約をお勧めいたします。
車いす 脱衣所まで使用可。浴室内での使用不可。

のれんの先は、大浴場まで畳敷きの廊下が続いています。途中、3か所に自動ドアあり(幅77㎝)。

大浴場に続く畳敷きの廊下の様子。この先に、男女入替制の2つの湯処あり。

のれん手前の休憩コーナー。湯処の手間の廊下にも、腰を下ろせるスペースあり。

海眺めの露天風呂"風の章" SIDE-A

檜風呂、露天岩風呂、露天ジャグジー石風呂の3つのお風呂があります。

海眺めの露天風呂"風の章" SIDE-B

檜風呂、露天ジャグジー石風呂の2つのお風呂があります。

ヒーリングフロア(有料)

施設内で一番海に近い場所に、お風呂(内湯と露天風呂 各1)、岩盤浴ルーム(2名様用)、休息スペース、エステルームが備えられ、これらを貸切で楽しむ有料のサービスです。

ヒーリングフロアは地下1階。地下1階への階段(13段)には、ゆっくり動く昇降機が設置されています(※地下1階へのエレベーターはありません)。

カラオケルーム(有料 ※昼間はティールームとして開放)

1階の蔵造りを和モダンな空間に改装し、日中は時間で区切りティールームとして開放。夜はカラオケルームとして有料で利用可能(※この空間は1室のみです)。導線上には一部段差があり、出入り口も狭い造りになっていますが、可能な範囲で移動のお手伝いを致します。まずはご相談ください。

※利用可能時間・料金等は直接施設へお問い合わせください。

カラオケルーム(有料。日中は無料でティールームとして開放)へ続く開き戸。段差があります(写真中に〇で示した部分)。

カラオケルーム(日中はティールーム)への入り口。56cm幅の車いすは、なんとか入室ができました。